熊本市南区や宇土市で、義歯・入れ歯(ノンクラスプデンチャー・コンフォート義歯)のことなら

義歯・入れ歯治療

義歯・入れ歯治療とは?

皆さまが大切な歯を失った時の治療として一番ご存知なのは、入れ歯治療ではありませんか。
歯をすべて補う「総入れ歯」と失った部分だけを補う「部分入れ歯」があり、またその中でも使用する素材などによって保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯に分かれております。
保険診療の入れ歯の床部分(歯ぐきに接触する部分)はプラスチック製のものにかぎられておりますが、自費診療の入れ歯の場合は床部分の素材に食事の温度を伝えやすい金属など、さまざまな素材を使用することができます。

入れ歯の種類

ブリッジ
ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復させる治療方法です。
金属のバネ(クラスプ)がないので、装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。
しかしながらこの治療法は、両隣の健康な歯を削らなければならず、土台の歯に負担がかかりますので、健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。
部分入れ歯
部分入れ歯とは、残っている歯に金属性のバネ(クラスプ)などをかけて人工歯のついた床を固定させる治療方法です。
クラスプで固定するので異物感があり、外見上目立ってしまいます。
また、土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。
総入れ歯
歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療をおこないます。
歯茎と粘膜で入れ歯を安定させなければなりませんので、高度な技術が必要になる治療です。
特に、歯茎がやせてしまった下顎の治療は大変難しい治療になります。

ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯の治療では、残っている歯に金属性のバネ(クラスプ)などをかけて人工歯のついた床を固定させるのですが、ノンクラスプデンチャーは歯にかけるクラスプを使わない入れ歯(義歯)のことです。
入れ歯の床部分(歯ぐきに接触するピンク色の部分)に特殊なシリコンを採用しており歯に対してクラスプの代わりの働きをします。
クラスプを使わない入れ歯ですので、クラスプが人から見える位置にある入れ歯を使用している方に最適です。

クッションデンチャーコンフォート

クッションデンチャーコンフォートととは、入れ歯(義歯)と直接接する上あごや歯ぐきにかかる負担を軽減するために、生体用シリコーンというクッション性の高い素材で上あごや歯ぐきと接する面の義歯床を覆っているい入れ歯です。
生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。
「痛い・噛めない・外れやすい・動く・落ちてくる」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、患者さまの歯ぐきをやさしく守ります。

診療時間のご案内
月火水木金/9時20分~13時・14時20分~19時
土曜日/9時20分~13時・14時20分~17時
休診日のご案内
日曜・祝祭日は、お休みとさせていただきます
ご予約・お問い合せ
096-223-2133
メールでのお問い合せはコチラから
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 歯周病治療
  • 入れ歯治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 鎮静法
  • 訪問歯科診療
  • 当院からのお知らせ

熊本市南区の歯科衛生士・歯科助手・歯科受付の求人採用募集情報

このページのトップへ
Copyright (C) 2014-2018 熊本市南区は銭塘町の歯医者/銭塘町ノーベルファミリー歯科. All Rights Reserved.